ロシア(北方領土)問題についての最近のブログ記事

大地震の後、ロシア大統領はこう言った。「シベリアや極東で働かせてやる」、と。これは嫌がらせの類だろう。隣国の惨事のあとの発言を永遠に記憶 しておきたい。
ロシアの通信社によるとロシア人の4%が返還賛成だ。菅発言の前は11%であったという。強靭なロシア人の知性はまだあった。サハロフ博士が そうであったように。
ロシア人が感じていることを推理する。次期大統領選に誰がでるか、現大統領か首相か首相の傀儡かの3択であろう。それ以外はほぼ無い。現大統領の 差別化作戦を誰が立案したか不明だが、ロマノフ王朝末期のニコライ2世の廷臣中の極東総督のアレクセーエフ大公の存在との類似性がすこし感じられ る。
ロシア大統領の北方領土訪問はたしかに不愉快だが、ロシアが占有しているのは事実だし、馬鹿鳩の祖父が問題の妥協をしているのだ。河野一郎も同行して疑惑の行動もしている。言葉の選び方は大いに疑問だ。
北方領土へのロシア大統領、国防次官等の相次ぐ訪問を踏まえて外務省の審議官クラスの折衝がはじまった。大統領訪問時に菅首相がすべきだったス ピーチを作文してみた。
菅さん、口先番長と揶揄される前原さん、政治主導でロシアにどう対抗するのですか。ロシア人が聞いてもかなり苦しい居直り発言じゃないでしょう か、大統領の言い方は。私はサハリンのガス権益を中国に売り渡したら思うのです。そもそも液化するのが大間違い。気体のまま大消費地の中国に売ればいいだけの話。エネルギーのロスはやめましょう。シノペックから同量スワップすればいいのです。ただ、天然ガスは国際市場であまり気味で価格交渉が問題です。
ロシアの大統領は中国の誘いに乗って、日本の領土への占有強化の行動をしている。中国の尖閣侵略との共闘路線である。たしかに10年かそこらは中 国を南進させるロシアにとって具合のいい策であり、御自身の再選にも好都合かもしれない。
ロシア側で鳩山一郎・ブルガーニン署名の日ソ共同宣言を無効とする勢力が増えているらしい。望むところだ。要するに、ハボマイ、色丹も返さないと いうことだ。ロシアも相当右傾化(左傾化?)がはげしいようだが、かなりのものだ。脳内出血後の老耄の(その状況の一つは先稿で記した)鳩山首相 がモスクワに出かけた。行くだけでも肉体的に困難だった。
私は『鳩山一郎没後50年』稿でも書いたが、老耄の一郎氏が日ソ交渉にのりだしたのが間違いと思っている。その動機は誠に尊いにしてもである。シベリアに捕虜が多数いたのだから単純な批判はできないが、まずモスクワでは、全北方領土の復帰要求をすべきだった。ロシア側は第二次大戦の結果と強弁しているが喉まででて言わないことがある。ルーズベルトにもらったということだ。
独立プロが1974年製作した「樺太1945年夏 氷雪の門」という作品は数奇な運命のすえ幻の映画となった。配給は東宝の予定だったが、当時加山雄三主演の「さらばモスクワ愚連隊」という映画の製作協力とからませてソ連政府が東宝を恫喝し、なんと東宝は「氷雪の門」の配給をやめるという遺憾千万な決定をしたのだ。ただしこの間の経緯は東宝がわにも異論があるかもしれない。映画のあらすじは樺太の真岡(ホルムスク)で最後まで電話交換の責務をはたした9人の交換手の物語だ。


ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD