豊田章男社長の危機管理能力は?

| トラックバック(0)
とんだトランプ旋風だ。フォード社がいち早くメキシコ生産に関して「恭順」の意を公表したのには驚いた。何か理由があるのであろう。それに対して 論戦を仕掛けているように見えるのがトヨタの豊田社長だ。比喩はとんでもないかもしれないが安倍首相のイスラエル訪問時にIS関連の人質になった後藤さんの処刑事件への首相の対応を思い出した。理屈が通じなさそうな相手にマジに対応してもどんなものだろう。まさにどんなものだろう、だ。 「検討したい」の一言で十分だ。トヨタ社の危機管理能力が問われている。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2017年1月10日 17:17に書いたブログ記事です。

次の記事へフライイング・タイガース映画のお蔵入りと日本の事情」です。

前の記事へアメリカで起こりうる最大級の事件は911の再捜査だ」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2201

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD