北方領土とスターリンの勝利

| トラックバック(0)
先日の日露協議だが、プーチン大統領の帝政ロシア(ロマノフ朝ロシア)と日本との歴史認識にもっと注目すべきだ。精査してみれば可成りマユツバで 一方的な認識の部分もあるはずだ。さらに第二次世界大戦の結果はドイツとソ連自体で大幅に崩れているし、スターリンの勝利には法的かつ道義的問題 点が山積しているはずだ。鳩山一郎をモスクワに招いた時もフルシチョフの心境は必ずしも強気一辺倒ではなかった(自伝による)。この問題に関する 日本国民各層の勉強の度合いはほめられたものではない。熱意が必要だ。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年12月28日 13:23に書いたブログ記事です。

次の記事へJRAに関して」です。

前の記事へ天皇陛下にたいする安倍政権の態度を非難する」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2197

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD