安倍の「共存の島」は鳩山の「友愛の船」と同じレベルだ

| トラックバック(0)
呆れ果てた男と言わざるを得ない。これはマスコミ含めた日本人全体に当てはまる。昨年クリミア紛争時に誰にたのまれたのか安倍首相はウクライナを 訪問し「武力による現状変更を許さない」と仲間喧嘩に公然と「参戦し」、日本国民の多額の税金をウクライナに差し出した。戦争を事実上やっている のだから「戦費」であり「軍資金」だ。ロシア人は意外なところからの介入にびっくりした。あまりにも一方に偏りすぎだ。竹島で戦火が上がったとし てロシアの大統領がソウルに戦費付きで激励に行ったと同じだとある若いロシア人が怒るというより呆れたという表情で私に語った記憶がある。でき売 れば核ミサイルを東京にぶち込みたいと一瞬脳裏によぎったとしても不思議ではない。その一年後に領土を返せという交渉だ。ロシアがどんな国なのか その常識が欠落している。鳩山由紀夫のレベルを完全に超えている。こんな指摘がマスコミにのらないのも日本の一般の状況だ。鳩山、菅(かん)、野 田はともかく、安倍とピンが抜けている首相のオン・パレード。生命の危機を感じる日本人も多かろう。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年12月21日 16:53に書いたブログ記事です。

次の記事へ読書断想 『1929大暴落』と『ブラッドランド』」です。

前の記事へ挨拶の表記は「相察」か「会い札」にしてはどうか」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2191

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD