東レは粛々と王道を歩んでほしい

| トラックバック(0)
世界一の技術を数々持つ一流会社が東レである。以下の指摘は心外であるとも思う。日本政府がアフリカ援助でカメルーンに海水淡水化事業に280億円の支出を決めた件である。寡聞にしてカメルーンが死活的に淡水不足に悩んでいるとは知らなかった。TICADでアフリカ諸国にさまざまな案件が あった中で私の心中にながく残った理由である。そして昨日にユーレカとでもいうか貴社の社名が頭の中で点滅したのである。現経営陣にはかえって迷惑なのかもしれない。同業他社と公正な競争をして現地の人々にながく幸福をもたらしていただきたい。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年10月 4日 11:28に書いたブログ記事です。

次の記事へ安倍内閣のロシア担当大臣について」です。

前の記事へ稲田「センカン」大臣について」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2171

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD