政党助成金を2重国籍疑惑の政党に出してよいのか?

| トラックバック(0)
民進党の党首選最有力候補に2重国籍疑惑が突如浮上した。「2重ではだめですか?」とは言わなかったが何とも彼女の釈明の内容が弱い。私は大問題 だと思う。ところが報道によれば党内ではさほど重視していない党員も多いようだ。そういう考えの方が多く集まる政党という他ない。ただしだ、そう なら国民全体が出す税金をかかる政党の助成に支出するな、という意見の国民が多数をしめるのではないか?助成する政党の要件は国会議員数を中心に 定められているのだが、党首の国籍まで法律で定めなければならないなど意想外だ。公人として、すべきことを確実にしなかったことが日本の公党の混乱を招いている。最後だが、政党助成金の要件の再検討が課題なことを私は主張したい。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年9月11日 14:35に書いたブログ記事です。

次の記事へ三反園知事の行動は九州全域に影響する」です。

前の記事へTOYOTAの変質を嗅ぎ取る」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2162

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD