自民党は「親族を含め」通達の自民党都連責任者をまず処分せよ

| トラックバック(0)
今回の東京都知事選挙にあたって、自民党都連は「非推薦候補を応援すれば、親族の応援を含めて、除名対象」との趣旨の通達文書を出した。江戸時代か一部の近隣国なら理解できるが、自由民主党の根本理念に明確に背反している。自民党はまず、すべての処分に先立って、この通達の責任者を処分すべきだ。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年8月 1日 13:57に書いたブログ記事です。

次の記事へ任天堂の「影響は限定的」発言は東証の要請に起因していて不本意」です。

前の記事へNIH 米国立衛生研究所が発表したガンの新治療法とその関連銘柄を探る」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2157

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD