2016年8月アーカイブ

先ほどの内閣改造で、石原伸晃氏は再任されました。さて貴殿は十分な政治経験をお持ちです。大臣になって当然という自負もおありでしょう。ではなぜあの石原氏が再任されたのに安倍首相は貴下を任命されないのでしょうか?国民の目から見てあの石原氏より政治家として人間として無能な人物は 想像がつきません。しかしあなたは安倍首相によってそう判断されているのと同然だとおもいます。なぜあなたを選んだ選挙民に対する侮辱をゆるされ るのですか?選挙民は貴方を石原伸晃氏以上に国政の場で遇されるべきと考えているでしょう。まさか彼以下の政治家として国会の場に送り出した訳 ではありますまい。公然と異議を唱えるべきです。それが政治家としての責務であり日本国へのためであると確信します。
15日付のワシントンポストが報じた安倍首相とハリス米太平洋軍司令官の会談での「核先制不使用反対」発言は本当ならとんでもない事だ。両者は7月26日に実際に官邸で会談しているが、内容は報じられていなかった。人類史上で最悪クラスの犯罪を事実上容認するものである。まさに信じられない愚かな発言だ。もし、そう言わざるをえない世界情勢ならきちんと国民に説明すべきだ。米軍の一司令官に話すべき事柄では断じてない。
8月17日にメディアに発表されたガンの新治療法だが、既に着々と実施されている光線力学療法の一種である。本療法はガンに集積する薬物に光線を当てて活性酸素を発生させてガンを死滅させるものだ。今回の発表の新味は患部に赤外線を当て発熱させてガンを死滅させること、および転移したガン組織にも死滅効果が認められることだ。従来の療法でも例えば京大医学部の武藤教授を中心に再発食道ガンで26例中23例の患者を完全治癒した実績があり早期の普及が望まれている。この既存の方法は、明治製菓傘下の製薬会社が一歩実用化に先んじている。ただし患者は光に過敏になるため長い無光線の生活状況の維持が必要だった。SBIホールディングの本年3月のIRによればSBI傘下(ソフトバンクとは現在無関係)のSBIファーマが患者の光過敏を取り除く新しい方法の特許を取得済みとのことだ。なお光線力学療法についてさらに関連銘柄を調べたところ「クラボウ」の会社名が研 究論文の多くに見られた。ただし実薬のフェーズには明治製菓ファーマにかなり遅れているようだ。光源の方だが、レーザー光ではパナソニックの子会社、特殊光ではウシオ電機が開発主体だ。ガンが高温(といっても44度C程度から)に弱いのは周知のことだった。一方、免疫細胞がガンなどの異物 を殺す武器は活性酸素であるから、どっちもどっち、面白い対比だ。いずれにしろ新療法のマウス段階からの進歩と既存の方法の一層の普及を期待したい。
今回の東京都知事選挙にあたって、自民党都連は「非推薦候補を応援すれば、親族の応援を含めて、除名対象」との趣旨の通達文書を出した。江戸時代か一部の近隣国なら理解できるが、自由民主党の根本理念に明確に背反している。自民党はまず、すべての処分に先立って、この通達の責任者を処分すべきだ。

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD