電車に対するテロ事件が頻発している

| トラックバック(0)
先日の加古川市での電車座席に洗剤を漏らし、女子高生が全治1年の傷を負った事件だが解せない。犯人(氏名は伏せられている)は過失といってるよ うだが本人が傷を負っていないのなら過失の可能性はほとんどありえない。ここ数年、電車などの不可解な事件が多すぎる。あまり報道されていないが、私鉄のドアのガラスが多数破壊されている。去年の新幹線焼死事件もテロを思わせる要素が極めて多かった(詳細は拙ブログで広瀬誠 スペイス  新幹線を)。このレベルになると近隣国のテロとしか思えない。九州における口蹄疫の発生もテロと確定しているようだ。代々木公園のデング熱も数万匹のシマ蚊が散布されなければ106名の患者は発生しない。数万匹のただのシマ蚊ではない。ウィルスに感染したシマ蚊だ。70年ぶりの国内発生だが、テロ以外合理的に原因を求めることは事実上不可能だ。フランスのテロ事件をよそ事と思っているだろう日本人はすでにこの国でテロは頻発していることに気付くべきだ。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年7月22日 11:56に書いたブログ記事です。

次の記事へこの世界の情勢で『オリンピックの開催』に意味があるのか?」です。

前の記事へ平沢勝栄をそろそろテロ対策の大臣にしてはどうか?」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2154

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD