国会審議の現状を憂う

| トラックバック(0)
民進党というのが新党名だそうだ。松野氏が合流に際して名称変更を要求したことになっているが疑わしい。姑息な策略の臭いがする。さてその民進党 の女性議員を皮切りにした国会質疑だが彼らの勘違いが目立つ展開だ。金曜日だが緒方林太郎という若手議員が質問したが彼らの人間的な欠陥しかも根 源的な人間性の欠落を象徴する展開と私には感じられた。功名心むき出し、何とか大臣の首を取ろうとの一点だけで、TPP全体を国民とともに解明しようとする意志は皆目みられない。まるで小学生なみといったら小学生が怒り出すレベルだ。この世代の最悪の人たちを選び出したのが民進党の若手議員ではないのか?すべての最終的責任は岡田さんにあるのだろう。情けない話ではある。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2016年4月11日 12:52に書いたブログ記事です。

次の記事へホルムズ海峡とオマーンへの非礼」です。

前の記事へ武田薬品の新規契約は背任罪に抵触するのか?」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/2107

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD