2015年7月アーカイブ

真に困った日本政治の現状である。日銀政策への関与による景気等の向上、対中国政策のブレのなさを中心に安倍首相主導の政治体制が確立されたかに 見える。私も安倍首相の大きな実績を無視するものではない。

しかし支離滅裂な外交手法(あきらかに対中、対韓を除く)、壊れた現金支払機 (IPCCへの15億ドル、その他も枚挙にいとまない)、第一次安倍内閣での下村、故人の農水大臣につぐ不適切な人事、なによりも過剰な対米盲従と無思慮な国粋的気分の表明などで日本の国益を徹底的に破壊してきた。

さらに無思慮な中東外交で日本と日本人の安全を大きく損ねた。ただし悩まし いのは中国の行動様式や隣国の不穏な動きから安倍首相の諸政策が実は正しかったという可能性があることだ。

ところがこれを説明すべき安倍首相はいくら国会審議に「時間」を消費しても、野党の質問に正対して論理的に説明した時間はゼロに等しい。

ただし民主党がたとえば中島昭久議員より辻本議員にはるかに質問機会を与えたように野党にも責任はあろうが。

ながく更新をしなかった本ブログだが徐々に再開したい。

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD