空き家への対策に温情は疑問だ

| トラックバック(0)
老朽化した空き家がそこここに見られる。家が建ってさえいれば、税金が安い。その理由が第一だそうだ。とんでもない話である。税金対策に汚い家を 放置すれば、火災や地震のとき他の人に危害を与えるかねないのは誰でもわかる。それを一部の地方自治体は補助金を与えて対処する方針のようだ。それは甘やかしすぎだ。相手は意識なしの「環境テロリスト」に類することも多かろう。私は期限を切って強制撤去し地所も没収も視野に入れた対策を立ててもよい、と思う。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2014年9月24日 03:29に書いたブログ記事です。

次の記事へ日経新聞の高橋政治部次長の言説」です。

前の記事へ米国の教育はアジア史が弱点だろう」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/1889

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD