日経新聞の高橋政治部次長の言説

| トラックバック(0)
9月21日の日経『風見鶏』を読んだ。あくまで私の評価だが、彼がなぜ次長になれたかわからない。日経にも朝日の「若宮氏」にあたる人物が人事に影響力を持っているのだろうか?まず、中江洋介氏だが、中国をここまでつけ上げらせた最悪に近い人物の一人との認識が一部にある。外交官は謝罪使 ではないのだ。安倍氏の父、晋太郎を真偽不明の一事でこき下ろしているが、真実と仮定しても豪雨のなかで何をみればよいのか、わたしには不明だ。日中関係は中国側の尖閣の領海侵犯100回以上という異常事態の最中だ。その認識が高橋氏の脳中のどこにあるのか? こき下ろしたはずの晋太郎氏の発言を最後にとりだして晋三首相に説教するのだが、彼らは別の人格で別の状況に生きている。高橋さんだけが安倍晋太郎氏と同時代に生きているのではないか?あなたはジャーナリストですか?


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2014年9月22日 02:07に書いたブログ記事です。

次の記事へ歴史教育の欠如部分」です。

前の記事へ空き家への対策に温情は疑問だ」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/1888

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD