新聞の定期購読と映画「山本五十六」

| トラックバック(0)
私のブログで本年1月分をざっと見ていただきたい。新聞の定期購読が隣人を焼き殺す事につながるかも、と確かに書いている。実は成島監督の映画 「山本五十六」で原作・監修の半藤一利がその好例だ。映画冒頭で「三国同盟」を新聞で先導し煽動する新聞主幹(香川照之)は架空の紙名だが朝日新聞の緒方竹虎と見てもよかろう。この朝日新聞のとんでもない判断と煽動で5年後に半藤少年はB29の焼夷弾攻撃で焼け死ぬ寸前を奇跡的に逃れたのだ。一度あることは二度ある。定期購読という罪深いことは思い立った時にやめるべきだ。毎日、東京以外でも日経は社会部の極左記者を中心に決して信用してはならない。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2014年9月22日 01:59に書いたブログ記事です。

次の記事へ五輪ロンドン大会入場式 孫正義氏ヘイト・スピーチ 朝日原発偽報  魚輸入禁止」です。

前の記事へ歴史教育の欠如部分」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/1886

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD