孫正義氏の究極の「ヘイト・スピーチ」

| トラックバック(0)
ユーチューブでだれでも見ることができる。孫正義氏が「ジャパニーズ アークリミナルズ」と英語で明言しているのである。前後の文脈を精査すべ きだが、これは究極のヘイト・スピーチと言って間違いない。たとえば、勝俣と名指しするなら了解する人もいよう。しかし、孫氏の言葉の対象は我々日本人一般だ。その中には当然福島の被災民も入る。彼らも孫氏にとっては「犯罪者」なのか?その発言の時のように、公開の席での釈明を求める。 この発言は吉田証言の歪曲と通底する、と感ずる人は私だけではあるまい。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2014年9月12日 12:56に書いたブログ記事です。

次の記事へ舛添さんは3人目の外相か? デング熱対策より外交か? 大島町長との比較。」です。

前の記事へJDLへの提案」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/1876

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD