超絶映画「KANO」に期待する

| トラックバック(0)
中華民国の映画監督で当時の情勢で「反日映画」を作り続けた雛(?)監督をPC上で探した。その過程で今年製作の台湾映画で「KANO」という超 絶映画を発見した。素晴らしい映画の予感をこれほど感じた事はなかった。戦前の中等野球で旋風を巻き起こした嘉義農林の話である。なんと初出場で 決勝まで言ったらしい。当時の熱狂はいかばかりだったろうか? 台湾語(福建語かビンナン語か)と現地のアミ語と日本語が交錯しながら練習を積み 重ねる。なんとも素敵な映画らしく日本公開が待ち遠しい(2015年らしい)。ここで私は当時の朝鮮半島の学校を思い起こしたのだ。まったく学校 名が浮かび上がらない。これは不思議だ。たとえば新義州中学とか中等野球に参加があったのだろうか?


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2014年9月16日 18:42に書いたブログ記事です。

次の記事へ天然ガスの国際契約の破棄を考える」です。

前の記事へ朝日新聞などに関して」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/1879

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD