2012年2月アーカイブ

電気料金の原油・天然ガス価格連動制度のせいでガスや油の高値掴みが常態化している。瞬間値だが天然ガスは米国相場のなんと6倍で購入している例 があるとのことだ。独占の弊害は恐るべきものだ。米国の反カルテル法の罰則の厳しさを矢崎総業などが身をもって知ったようだが米国は独占の弊害を 知悉しているからだろう。話変わって東電だが、換金可能の最大の資産は静岡(西部)などの独占地域の施設だ。中部電力や北陸電力に売却し身軽に なった方がよい。そのうえで電力やガス会社の各接壌地域での競争を解禁することだ。
自民党の総務会長であった堀内光雄氏の著作だ。5年ほどまえに出版され政冶家の本としてはめずらしく重版されている。堀内氏は執筆当時、小泉「改革」の暴風下、脱党して無所属であった。総務会長としては全会一致の原則をまもるため苦闘を重ねる。その誠実さは自民党政治の報道されない最上質の政冶手法の特質だった。我々はこの小泉氏が破壊した純日本的政治を再評価すべきだ。汚濁にまみれていると報道され続けた、その面もあろうが、自民党の真摯な面を顕にして新鮮な驚きを読者に与える本である。

自民党は殺された!
自民党は殺された!
posted with amazlet at 12.02.23
堀内 光雄
ワック
売り上げランキング: 917036
細胞の寿命を決めるのがテロメアで、正常細胞の分裂回数があらかじめきまっている。ガン細胞はテロメラーゼという酵素がテロメアの短くなるのを阻み、無限の増殖を可能にしている。ならば、この酵素の働きをなくすのがガン治療薬の王道のはずだ。各製薬会社も必死にやっているのだろうが不思議とニュースになりません。
丹羽駐中国大使の評価はどうなっているのか。以前、辛辣な意見を紹介した。対中外交で心配になるのは口上書がおおすぎないか、ということだ。名古屋や博多の用地手配を安請け合いし、ガス兵器も一方的な譲歩をしている。たしか、瀋陽でも単独で出していた記憶がある。大使が素人でも文書は永久に残る。中国の小吏が成績を上げるために攻め立てていると推測するが、次の数十年は日露協商の時代になるのを中国が推し進めている、としか思えない。
すでに1兆円近くつかっているはずだ。今日の口上書の内容は一方的に日本が義務を負うもので、早期に解決、といっても時期が明示されていない。フジタの社員が逮捕されるという馬賊の「政府」がやるような事件が尖閣事件の直後にあったが、菅は直後に大金を更に払った。民主党政権、そして岡田氏が任命したナンチャッテ大使ではらちが開かない、ということか。
昭和28年イラン政府が原油を国有化した。出光佐三はタンカー日章丸をアバダンに着け石油を満載し日本に帰港させた。今のBPにあたるア社(略) は石油が同社の所有物として東京地裁に出光を提訴した。そこまでは多くの人が知っている。『ユダヤ・エリート』(中公新書・鈴木輝二著)によると 国際法学者ラウターパクトは旧知の一又正雄教授に彼の意見を求めた、という(同書127ページ)。
ユダヤ・エリート―アメリカへ渡った東方ユダヤ人 (中公新書)
鈴木 輝二
中央公論新社
売り上げランキング: 237898
今日、家をお貸ししている人からのトイレのクレームがあったので行った。INAXの製品で同行したメインテナンスの会社の人の話では機能があまりに複雑でいったんミニコンの操作を誤り、機械と喧嘩しだすと設置施工会社のプロをふくめてお手上げで修理依頼に出すという。電話での説明・指示では復旧不能のことが多いという。現に今回も通電して3秒で正常化した。設計した技術者には判りきった操作なのだろうが、使うのは普通の人たちなのだ。韓国メーカーが参入しだしたらあっというまに市場をとられるだろう。付言すると初期設定になりにくいのとリモコンが事態を悪化させているという。リモコン、私には必要性が想像もつかない。100万例に一回くらいは必要なケースもあろうが。話変わって、味の素が昨年から早期がん発見のアミノ・インデックス法による健診事業を始めた。PRほぼゼロであろう。私は、週刊ポストの健康欄で知り、実施している秋葉原の三井記念病院に申し込んだ。かなりのスグレモノであると判断したからだ。週刊ポストの本欄は以前から出色の内容であるが、この件に関して実施病院が全国で24箇所であるという付帯事項の記述はなかった。なにせこの事業にかんして味の素はホームページでも親切な表示は一切ない。殿様商売を続けてきた会社とのイメージはあったが、技術者にまかせすぎだろう。問い合わせのあった人の地域の病院をほそぼそと知らせているらしい。事業展開のスピードがなさすぎで検査自体に自信がないのでは、という邪推を生みかねない。社会に有用と思っているならしかるべき手段をとるべきだ。いずれの例もあくまでも最高 責任者が事態を把握していないのだろう。
日刊ゲンダイの2月14日第10面で作家の溝口敦氏が暴排条例の副作用についてドッキリすることを書いている。生き残りをかけてマフィア化、 凶暴化するというのだ。侠客から凶客への変身だ。私の聞いた警察に詳しい人によると暴対法にはアメリカの同種の法律に比べ欠陥があり、その「欲求不満」のため に各地の暴対条例成立に拍車をかけている、という。マフィアにくるしんだ米国では外国籍の構成員を国外追放する規定があり、有名人では ラッキー・ ルチアーノなどがイタリアに追放された。歌舞伎町などからは石原知事などの努力で治安がかなり回復したが、全国的にはまったく不十分というのがその人の意見であった。溝口氏に話をもどすと、みかじめを払わぬ商店主などがさらなる強烈な暴力にさらされるというのが彼の予測である。
田中康夫議員が盛んに休眠口座の活用を提唱している。銀行による没収(10年休眠の場合)をたんなる銀行協会の内規である、と指摘するのは流石で す。私はさらに進んで銀行口座税を提唱します。開設時に1万円、年間1万円を自動的に国庫に引き落とすのです。なくなれば口座は消滅します。犯罪対策にもおおいに貢献するでしょう。どうしても工面できない方には3ヶ月貸すという方策もいいでしょう。
なにか勘違いしていないか。大臣のポストは政治家のためにあるのではない。政治を進めるためにあるのだ。国民の嘲笑をあびるために任命されるのではない。連続してかかる政治家を推薦したのが報道のように輿石氏であるのであれば、国民に対する罪は万死に値する。
FBIのフーバーさんの映画が公開されましたが、彼は生前に韓国の朴大統領と肝胆相照らし、膨大な捜査資料を朴氏に渡したという話があります。まさか映画ではその挿話はないと思いますが。ケネディ家などの裏の話などありそうですね(ただし事実なら)。中東の異形の国家が核兵器の情報をもと めていました。それで取った方法がなんと核弾頭の雑誌を米国で刊行することでした。勿論、国は表に出ずに間接的に情報をとっていた訳ですが。発行部数は何部だったのでしょうか。核科学者の暗殺が相ついでいますが、やや手段の発想が従来とかわっていません。空爆以外の手段がありそうですが。 核弾頭といえば、恵谷氏がSAPIO誌で発射指令装置保持者の分析をしておられました。その近隣国の装置は旧ソ連製(コピーかも)でしょうが、FSB(旧KGB)やGRUがどのていど把握しているかが謎です。混乱期がロシアにあったので把握していないかもしれません。中国もけっして無関心でありません。なにせ北京まで数分という位置関係にあります。できれば特殊部隊がすぐさま接近できる方策を考えていてもなんら不思議ではありません。発射指令装置のすり替えや外形の同じものを多数作るなどの妨害で、発射しなければ正しい物かわからない、などという事態さえ絶無とはいえません。中国の浸透がどの程度かも謎であります。
表題のような事が実際に始まれば、世界史的な重要性をもつにいたる可能性がある。無理でしょうが。
先稿でも述べたが、ここ40年ほどで外国人による技術の窃盗を警察が逮捕したのは1件だけだ。どれだけ好き勝手にやられているか、という話だ。重要技術を指定し官民一体となって価値を守る体制を作ってもよい時期である。
日銀法の改正が俎上にのっている。ともかく各国通貨のフロートを想定していない法律はナンセンスな部分が多かろう。そのナンセンスに乗っかってい る方がいるのかもしれない。
沖縄に先進的学問の研究所を、という事でノーベル賞クラスの米人教授を招いている光景をみた。豪華な設備は地元の建設会社が税金で造った物か。米人教授の所在ない表情が印象的だった。これでは駄目ではないか。それに代わって国家を挙げて藻類研究の拠点に作り変えるべきだ。一昨年前だったか 筑波大の教授が沖縄海域で軽油成分を大量に細胞内に持つ藻類を見つけた。大々的な研究体制が必要だ。国家ばかりでなく三井物産も子会社に藻類の研究のベテランを多数持つ会社があるはずだ。日光のあふれる沖縄は研究に好適な場所であ る。
先稿で競馬のトキノミノル記念が無いように記したが実はあった。12日の共同通信杯は実はトキノミノル記念でもあるのだ。私は第一回のジャパン・ カップではじめて日本の馬名のアルファベット表記を見て、その貧寒さ、醜さを実感した。日本語化した英語を英文字で見る時の安っぽさである。それでも外国語由来でもウィッティーな馬名が少なくないのは救いだ。アズユーライクなど馬主は好かないが面白い馬名であろう。大魔神・佐々木氏の持ち馬はロシア語で最高を意味するとか。名前はともかくJRAにたいする批判は現下は下火である。国庫納付金のより多額化の努力、お馬鹿さんなTVのPRの自粛、これは大広告代理店への丸投げで競馬ファンのレベルをあまりにも低くみたものだ、が主な努力目標であろうか。そのほかに私は種牡馬の年間種付け回数制限を提唱したい。発議はするが、専門家に委ねたい。JRAに対する要望は別な所からもある。『実録極道記者の』著者の塩崎利雄氏である。氏の生き様は真似できないが、正論も実に多い。関東の厩舎の劣勢は、日本の全産業・全社会に対する痛烈な批判に通じるものがある。要するに「職業」をなめるなかれ、に尽きる。昨日の結果だが、共同通信杯は敗北である。あまりのディープ産駒賞賛に反抗して三連単3-2-4まで肉薄 したが、ハズレはハズレでした。
実録 極道記者
実録 極道記者
posted with amazlet at 12.02.13
塩崎 利雄
祥伝社
売り上げランキング: 651152
国会答弁で、玄葉外相があたかも日本がイラン制裁の主役の一つと受け取られかねない答弁をした。一般的に「従属国」が「宗主国」の意向をまるで自分が主体のように思い込み行動する例は多いが、これもそれに類する、と他国から見られかねない。あくまで米国内法の規制を回避するためのやむをえ ない措置であることを全世界に表明すべきだ。イランは日本にたいして悪意ある行動をとっていないのである。ことはイランだけではない。手付かずの 原油資源を大量に持つイラクもシーア派主導の国で日本のイランに対する姿勢をどう思っているかは容易に推量できる。国会答弁は慎重にお願いした い。あの場合、「制裁」とは言わずに「制裁への協力」と言うべきだった。きわめて大きな差異がある。
発端はこうだ。韓国大統領の訪中の直前に中国人による東京とソウルでの放火事件があった。また、チャン・イーモウ監督による南京事件の映 画が公開された。そこに関連があるのかという疑問が生じたのだ。そこで、チャンイーモウ監督をインターネットで検索した。そこに「反日監督チャンイーモウの南京云々」と題するサイトがあった。見るとユーチューブの動画が削除されていて申立人多数のうち、フジテレビジョン ネットワーク、インク (原文は英文)とKBS Mediaが列記されてあった。フジテレビがこの映画に参画しているのか、いないのか、そしてそのことを公表しているか否か一切知らない。しかし、悪質ないたずらがないかぎり関係あると見るのが自然かもしれない。フジとしても著作権部門は動かざるをえないし、まさか自社の名がしかもKBSと一緒に出されるとは想定外であったろう。いたずらがなかったとして国民はこれをどう見るかだ。国民の判断が全てだ。まさか、フジがこの映画に関係を持つとは思えないのではあるが。
チャン・イーモウ監督の最近作について調べようと思った。「反日監督チャン・・・」などと表題されたサイトでは、動画が抗議により削除されてい た。その抗議者は、Fuji Television Network Inc.とKBS Media の連盟いや連名であった。実はこの映画に中国以外の影のプロデューがいるのではという推測を確かめたかったのだが、特に作品の周辺からはうかがえなかった。しかしこの抗議は何なのか。9日 の朝の段階では確認できた。皆さんも確認されたらいかがですか。意外な所から真実が顕われる。そんなこともあるのです。
2月22日の竹島の日をまえに竹島遊覧汽船をしている韓国企業に長崎県と対馬市が補助金を与えていることが報じられた。産経新聞による。これは相 当深刻な事態である。ドイツでは国境地帯には定住者支援のための財政支出が常識のようだ。さっそく見習うべきだ。
参院予算委の与党総括質問だが幼すぎるというのが率直な印象だ。中谷氏の「徳島」の連呼は選挙がらみだがくどすぎた。衆院自民の大物・細田さんも安 木節を衆院代表質問で語ってはいたが。円高対策で古川戦略相がオンリ・ワン企業になるのも一法だといっていたが大方の企業にとっては夢物語であろう。民主党の選挙での大敗を望まざろう得ないのが実感だ。利益誘導の政策も行き過ぎればおぞましい。
むかし円が308円くらいの時は、円高で国内産業は、という論議が盛んだった。その後度重なる円高を乗り切ってきたので慣れっこになり影響の心配 が過小になってしまった。さすがに今回はあまりにもひどすぎる。その認識が足りないのが日銀・白川総裁ではないか。彼は民主党がなんでも反対のと き、武藤(現大和総研)氏が否認されて就任した経緯がある。当初から線の細さが心配された。学究肌はいいがともかく現場の産業の窮状を自分の痛み として感じてもらえないのか。週の半分は社会に出てみてはいかがか。支社長たちも倒産に瀕した企業の実態を報告すべきではないか。
グリーン・ピアで国民の莫大な税金をガラクタにした旧労働省のキャリアが更に甘い汁を吸う機構。それが独立行政法人の労働政策研究研修機構だ。若林亜紀さんのリポートで最高幹部たちの壮絶な無駄遣いやご乱行が暴露された事でも有名だ。増税するならその前にここを廃止しなさい。国会議員の歳 費より格段に効果がある。ケジメをつける意味もある。財務省ぐるみでやった犯罪に近い官官無駄遣いだ。この機構は一例だ。増税は必要だがまず官庁 の無駄を省き、インボイス制度で消費税の欠陥をなくす事が同時にすべきことだ。
むかし、JRAのレース名が安易に変えられる事を批判した。直接の動機はクモハタ記念の廃止だったか。とうとうと英語名にかえていた。外国語でも いい、ミオソチス記念でもトキノミノル記念でもいい。みずからの歴史を大事にしなくて誰が大事にしてくれるのか。一文はJRA幹部も一定の反応を 示したとひと伝てに聞いたのだが、それは昔の話。今日5日は水道橋に行ってきました。11R,東京新聞杯だが正直わかりっこない。解読不可能。と ても買えません。私は夕刊フジと日刊ゲンダイの予想を読んでいた。ゲンダイでは特捜班と伊妻のトレセン徘徊記が光った。伊妻の文末13行がいい。 さらに、WIN5の市川記者のこれまた文末で記された判断が秀逸だ。フジは西の中村氏が完勝、市丸氏も的中。私は10Rがかなり堅いと判断それでも不安でワイドの 6?8で赤提灯3回分をゲットしました。おしまい。
勿論、普天間も問題だ。だけど一見問題のなさそうな岩国も問題視すべきだ。戦後60年以上も経ってなんで瀬戸内に外国の軍隊のための基地を日本人からの莫大な税金をかけて作ったのか。そして維持しているのか。これはおかしいでしょう。これは自民党のやったことです。
日本の電機産業の壊滅の状況は、戦前に日本の円安で全滅した英国の紡績業の生き写しだ。その時はにほんでは蔵相の高橋是清が円安政策の司令塔と なった。現在に話しを戻すと、韓国政府に「高橋是清」がいるのだ。日本の経済誌・紙が取材し分析しないのはどういうことか。私は半分いやそれ以上 に呆れている。
厚労省といえば岡光元次官はじめ腐敗と無駄遣いをもっぱらにしている官庁だが、09年のインフルエンザ対策も無能と巨額の無駄使いの実態を白日の下に晒した一件であった。それを内部から批判した木村盛世医師が大変なイジメにあっているという。2月3日付けの日刊ゲンダイが報じている。芯ま で腐れきった中央官庁が見るに見かねた正義の女性を精神的にも追い詰めているのだ。人事院の他に、ここはアムネスティの出番ではないのか。
丸山ワクチンについて時折週刊誌などで「再燃」報道されることがある(今回はポスト)。故丸山医師は皮膚科の専門家で皮膚がんが視認できる癌であ ることも開発の一要因であった。それはともかく今週の週刊文春(2012.2.08)で筆坂元共産党議員の膀胱ガン再発の記事が載っている。その 治療法で結核菌を膀胱に植えつける方法が紹介されている。実際は弱毒化したBCGを使うとのことでますます丸山ワクチンとの関連性を感じさせる。 専門家からみたら前者は免疫を利用していないのかもしれないが。さて、偶然に同号で同じ泌尿器の腎臓に関する重要な事実が記事となっている。121ページの「病院情報ファイル」で、IgA腎症という恐ろしい不治の腎臓病がなんとも簡単な(失礼)治療法で寛解するケースが紹介されてい る。まだ知らない医師もいるのではないか。その事実も結構怖いことだ。患者(予備軍)の知的武装が望まれる。
数日前、各党の代表質問を聞いていたのだが、きづなの代表質問が良かった。政冶資金目当ての分党だとか悪評はしきりだった。だから色眼鏡で見てい たのだが少なくとも代表質問にかんしては出色といってもいい。真摯さが感じられた。将来どうなるのかは一切不明だがここに書き残しておきたい。
ガラパゴスが本当にガラパゴスになっては洒落にもならない。今日のシャープ株の暴落を見て無料で秘策を伝授する気持ちになった。自費出版のツールとして再び売り出したら良いでしょう。定年になって経験を語りたい方も多かろう。業種別に手引きを付けて組織すれば新規の著者たちの自己満足だけでなく社会を裨益することも可能です。
1月31日のNHKラジオ深夜便でカワバタという方の元国鉄機関士の回顧談が再放送された。昨年末の放送がリバイバルだから要望が多かったのだろう。たしかに13歳ごろ国鉄に採用され蒸気機関車の釜洗いから機関助手そして機関士と成る過程やその間のご苦労は実にビビッドで深い感銘を受ける。定年までの20年ほどは電気機関車だったが夢をみるのは蒸気機関車のときの事だけだとおっしゃる。やれ、給水を忘れたとか失敗の夢ばかりだと いう。なんとも心に染み入った数分間だった。再々放送と拡大版を希望します。

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD