日本評論家について

| トラックバック(3)
ジャパノロジストとも違う、要するに日本のことを解説して食っている人がいる。そのなかで日本語ができない人がいる。それらの人はおおむね日本への点が からい。ある日本のモンゴル学者が和光大のモンゴル人に冷たくしている。彼らは偶然酒場で遭遇した。事情はこうだ。高齢のモンゴル学者はシベリア抑留経験者で学問はすべてキリル文字経由。ソ連によるモンゴル研究がベースだったわけだ。モンゴル語にうといことがバレるとまずいと考えるなら不機嫌を装うしかない。その伝でいくと、チャルマーズ・ジョンソン(沖縄渡航まえの)などの反日的な論調も実はそこらにも原因があったと邪推していたわけだ。
昨年早川書房から出たエーモン・フィングルトンの『巨龍・中国がアメリカを食う』は次の理由 で購入した。私はクリントンの愚かな円高政策が日本の中国投資を生み、アメリカ人労働者を苦しめさせている。その中国投資がどの程度のダイナモになったかしりたっかたのだ。おそらく早川の編集者の意図 もそうだったろう。しかしこの本はおそらく前述の理由でおそろしく偏見に満ち、下品な記述が多かった。むしろ欧米人の偏見を研究する本として有益である。私の望む本はまだない。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2009年5月13日 19:17に書いたブログ記事です。

次の記事へ小沢辞任とNHK」です。

前の記事へ半導体のGM、エルピーダ」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/145

民主党の小沢代表が本日、代表の職を辞することを表明。 西松建設違法献金問題で自身 続きを読む

  ||| 21世紀の蛮族 タリバンとの訣別 |||  イスラム原理主義者のシャリア法執行がもたらした、タリバニゼーションの終焉  グローバルな... 続きを読む

    ||| 核とアルカイダの危険な関係 |||  米国の核保安スペシャリストが暴露する、パキスタンの大胆な核兵器開発施設  米国の巨額な援助... 続きを読む

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD