タミフルについて

| トラックバック(1)
この薬の開発者についての情報がないので、若干語る。開発の主役はオーストラ リア人の
VON  ITZSTEIN氏である。きさくな人柄らしく、日本においての製薬会社主催の講演会でも国ごとでかなりの価格差(同一製品で)があることをバラしたことが印象的だった。
ウィルスの人体内での増殖過程のキーポイントで薬効を発揮すること、基幹物質からコンピュータを駆使して原子を付け加えて創薬した経過が語られた。主催が中外製薬かロシュだったかは数年前のことで記憶にない。イッツスタイン氏についてはTAMIFLU VON ITZSTEINで検索されるとよいと思う。


          

このブログ記事について

このページは、Makoto Hiroseが2009年5月11日 18:30に書いたブログ記事です。

次の記事へ東京12チャンネルWBSについて」です。

前の記事へ『外交官の決断』都倉英二を読む」です。

メインへ インデックスページ過去記事へ アーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

          

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.hirosemakoto.com/mt-tb.cgi/140

メキシコが発火点となった新型インフルエンザ 『WHO』は警戒水準はフェーズ5。  続きを読む

          

ブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
プロフィール

検索

翻訳

月別 アーカイブ

お気に入りリンク

邱永漢(きゅう えいかん)のブログ
池田信夫blog
米流時評
高橋和夫の国際政治ブログ
太田述正のブログ
原田武夫のブログ
岡崎研究所
天木直人のブログ
本質
YukikazeのBlog
ジャパン・ハンドラーズ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

AD